資金計画

借りられる金額 ≠ 返せる金額

皆様の人生で、一番大きな金額のお買い物。
それは、不動産のお買い物ではないでしょうか。
多くの方が住宅ローンを利用し、何十年も返済をしていきます。その返済期間中、下記の様に毎年変動した支出はどうしても発生します。
ここで大きなポイントは、”おウチ”の固定される支出をどうするのか?です。住宅会社様は、出来るだけ大きな金額を売り上げたいので、色々な付加価値をつけて、あなたの住宅ローン借入金額を増やそうとします。弊社はその戦術をしっかりシャットアウト!
余計な追加代金が発生し無い様にチェックします。そして、おウチは安かったけれど毎月の光熱費である、冷暖房費や給湯費などが他のおウチより高い生活になってしまっては、ご家族の”おウチ”は楽しくなくなってしまいますので、おウチが完成した後の事も考慮したサポートを行います。
弊社は、あなた専任のコンサルタントとしてそんなご心配をフルサポート。長い人生、おウチの支出だけではない楽しい資金計画をご一緒に考えていきます。

毎年変動する支出

2011年3月11日、悲しい出来事があった日です。
この日以来、毎月の電気代が高騰したのを覚えていますか?
このように、何が原因で支出が増加するのか、誰も予想がつきません。マイナス金利がいつになったら終了するのか不明な事も、どのような支出への影響が出るのか、わからない状態です。
ご家族の成長も、自然と毎月の支出を増加させていきます。
お子様がいらっしゃるご家庭は教育費や食費、親世帯と同居のご家庭は介護に必要な費用の発生など、世の中の環境とは関係のない所でも、支出の増加は影を潜めているのです。
そのような支出の増加に対応できるようにする為に、住宅ローンの為に一生懸命に働く時代でなくなり、毎月の支出を抑えた不動産購入の必要性が現代では求められております。昔のようなバブル景気は来ないだろうと考え、今の収入を元に安定した資金計画をプロと一緒に考える。

一家に1人の資金・住宅コンサルタントが必要な時代なのだと、弊社は思っております。

当社オリジナル資金計画書

オリジナル資金計画書を用いた、総額算出とローン計算表の作成を行い、お客様の収入と支出を明確化。

今まで弊社代表が培ってきた、住宅会社店長経験や指導経験、住宅会社様や不動産会社様、リフォーム会社様へのコンサルタント経験を活かした、それぞれの会社内部の知識も踏まえた、金融のプロフェッショナルとの提携による第三者(元銀行マン)の目から、あなたに合った、専用の資金計画書を完成いたします。

NAVIGATION

  • HOME
  • 資金計画
  • 新築住宅
  • 中古住宅
  • 土地探し
  • 相談費用
  • 初めての方へ
  • コンサルタント紹介
  • お客様の声
  • お問合せ・メールマガジン登録
PAGE TOP